読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ボウズ=反省」で許して良いのか

前の会社での話だ。

営業車をぶつけて大破させた同僚が反省の意味を込めて翌週ボウズになって現れた。

過失だったとはいえその潔さに社内ではなにやら「アイツやるじゃないか」という妙なあっぱれムード。彼はミスを妙な好印象に転じさせることに成功したようだ。

壁際でその小さな、とても小さな人の輪を、そっと眺めていたのが俺だ。おいおいボウズにしたぐらいで一体どうしたってんだいと言いたい気持ちもあったが全員幸せそうなのでそっとしておいた。

それから間をおかずに、今度は係長が与信管理のズサンさからちょっとした損を出してしまう事案が発生。先日のボウズ事案に倣ったのか、なんとまあ彼もまた続けてボウズとなってあわられた。

おいおい、なんだなんだ、アンタら一体どうしたんだい。これはどこかで歯止めを利かせないと「ミス→ボウズ」の変な慣例が誕生してしまい、そうなると大変やっかいだ。

そんな中、一人の男がこのボウズブームに待ったをかけるべく朝礼で一言物申した。

俺が常日頃、かげで「トンボ」と呼び、とぼけた性格やトップとは思えない指導力、面倒見の悪さなどから何かとケーベツしていた支店長、その人である。

「トンボ」たるゆえん、それはルックスがややトンボに似ているからが4割、あとの6割は一日中ボケーっとし、時折窓の外を眺めては飛びたそうにしているそのつぶらな瞳がトンボに似ているからであり、つまりそうすると、トンボたるゆえんはほぼルックスなのである。

この日の彼は「スーッ」と、言葉を発する前にはお決まりの無駄な深呼吸をなんと5度も繰り返すと、待ちくたびれてイライラする一同を前にこうのたもうた。

「ミスをしてボウズにした人がこのところ二人いますが・・・・僕はーー、それについてはこう思うんです・・じゃあ、最初からボウズの人は悪いことをしてもいいのか?と。」

何かよく分からないけど彼を見直した朝であった。