読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「抱く」という言葉の性的な意味を知ったときの衝撃

最近気づいたのだが30代半ばの俺より少し下の世代、大体20代前半~後半では既に確認済だが「仲良くしている」という表現が男女間に適用されるとき、どうも大体「ヤッている」のである。ここ最近聞いた「仲良く」の結論は、残念ながらほぼほぼヤっていらっしゃいました。

俺はピュアネスの権化なので例えば会社の後輩の言う「仲良くしてる女の子」などという表現を真に受け、ああ、男女の友情、素敵ですね、アリですねとストレートに受け止めていたのだが、聞くとそいつはその時点でヤっていたのである。アツい友情が高じてセックスフレンドに昇華されて、それってもう何でも話せる大親友じゃないスカみたいな感じなのであるが、それを「仲良く」という具合にマイルドに表現されると全然わからない。

 

少し趣は異なるが、そういえば子供のころ、小学6年とかその辺だったと思うが「抱く」という言葉に性的な意味もあることを知ったときは衝撃だった。

例えば歌謡曲の歌詞における「抱いた」「抱かれた」の大半がセックスの隠語として使われていた事を、子供のころには全く知る由もなかったのである。

性行為をというものの存在を知った後に性知識はこれですべてコンプリート、太平洋を眺めながらこの世の秘密をすべて知ったゼヨ!のような気持ちになるのが男子というものだが、そうなると、その当時の視点で見たときの、例えば週刊誌の「抱かれたくないタレント」とか「私を抱いた有名芸能人Y・T!」とかそういう場面での「抱く」という甘っちょろいプレイを見ては「いい大人が抱くだけか ペッ」とバカにするような態度でそれを誤認識するなどし、「この世にはなぁ、おセックスさまってお方がいらっしゃるんやで・・・」などと世間知らずを棚に上げ知った風な上から目線の感想を抱いていたものであった。

しかし皆様ご存知のとおりの、「抱く」のそこでの意味を知ったときは衝撃であった。それがいつであったかはハッキリ覚えていないがクラスのアイツとアイツが付き合っていたなんて!みたいな、そういう「いってよぉ~」の驚き方に似ていたのは覚えている。

それからである。今まで全く気にもしなかった演歌の歌詞をよくよく見れば何とまぁ「抱く」の使われていること!それまでは何気なく聞き流していた演歌ってのが実は性欲の旺盛な大人のとってもスケベな歌なんだとショックを受けたものであった。

「スケベは不真面目な大人の娯楽!」「大人は忙しくてスケベなことなんて考える暇がない!」というストア派のアンチスケベ教を信仰していたものだから、俺が思っているより世の中には性描写が、スケベってヤツが堂々と姿を晒しており、世の中の大人は実は相当に性を意識して生きているということをようやく悟ったのであった。

 

それから二十ウン年後、久しぶりに同じような思いをしたのが今回の「仲良くしている」である。「抱く」ほど市民権は得ていないものの、完全に肌感覚だがパーセンテージの高まりを感じる。

思い返すとおそらくそう言うシチュエーションで使われたであろう「仲良くしてる人がいて」は数知れず。その意図を全く理解せず、「へえ、俺にもいるよ」みたいなトンチンカンな返しを割としてきたように思う。

「仲良くしているオジサンがいる」とスカして言っていた女性にノンキに「へえ、俺にも仲良くしてるオジサンがいるよ」などと返していたが、そういうことだったのだろうか。勘違いならいいのだが。