読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オナニーなんて殆どしない、とかいうヤツ

「もはやオナニーとか年に1回するかどうかだな」

 

オナニーについて「ほとんどしない」「滅多にしない」「面倒だ」などと、このような実にわかり易いオナニーdisでご自身の奔放なSEXライフを自慢してきたのは、地方の国立大学入学と同時に脱童した地元の知人たちだった。高校生活で冴えなかったのはこの時に開花する為やでえとばかりに大学生活を謳歌する彼を、その時なんなら彼と会う1時間まえにも思い付きでヌいてきたような俺はというと、大学生活で見事なまでに失敗を重ねた俺はというと...、それに素直に嫉妬し、センボーのまなざしで見ていたのである。

まあでも、よく聞く話である。女性経験のデビューが遅ければ遅いほど、人は必要以上に奔放な性生活に身を投じ、それをひけらかすのである。デビューの遅かったやつの遊び方のエグさというか、これみよがしな様は心から羨ましさを感じるほどでありますし、そりゃあオナニーとか年に1回でしょうね、と納得もすると言うものである。

 

しかしである、冒頭の彼の台詞をもう一度考えてほしい。オナニーを年に1回するかどうかの男と、割としょっちゅうしている男。真の意味で果たしてどっちがダサいだろうか。

いやまあ堂々と「日課です」とかいってるのは褒められた態度でもありませんし、パッと見た感じ俄然後者って気持ちになるかもしれないのだけど、よーーく考えてみてほしい。

その、「年に1回するかどうか」のヤツが思い立ってする年に1回のオナニーってのがコレ、めちゃくちゃウケませんかね。空腹に耐えかねて非常食の蓋開けた感じも良いのだけど、それよりなんか1年に1回というスパンからして神聖な儀式というか、奉納感が出ていてものすごくウケる。

逆に聞きたいのだがその年に1回のオナニーって何がきっかけでやるんですか、と。逆に余程のムラついたことがあったのではという面白さしかそこにはないのではないだろうか。

普段上から目線で歯牙にもかけないオナニーくんだりをば、ある日何かのきっかけでスイッチが入り「ふぅ、、するか」と決意し、挙句事に及んで「ウッ!」とかいうまでの一連を想像するとまことに笑えて仕方ないわけである。

1年間見向きもしなかった癖にある晩所に急にふらふらっと歩み寄ってきてオナニーを抱いていくダサさといったらハンパないんだよ!キサマ、毎晩抱いてやらんかい!と思うわけである。

 

すいません生意気言いました。寝ます。