エクセルと俺

大半の社会人の皆さまと同じく、仕事ではマイクロソフトのエクセルを使わない日はほとんどなくエクセルなくして仕事は成り立たずエクセルを発明してくれた神様ありがとうとエクセルに日々感謝する俺ですが、根が説明書を全く読まないタイプということもありエクセルの事をきちんと理解しているわけでもなく、エクセルと心が通じ合っているとはいいがたい。

それでもワードと比べたときのエクセルの従順さ、コントロールのしやすさは明らかであり、ワードときたら全く人の言う事を聞かんしちょいちょい反抗的でどうにもいけ好かない。だから俺はエクセルの事が大好きで何でも間でもエクセルで済ませてしまいたいのだが、かつて月報をエクセルで出したら当時の上司に「月報をエクセル出すのは失礼」などと聞いたこともないアサッテの商習慣を引き合いに失礼と断罪されたものであるがこのジジイはメールを自動発信したことも「上司に対してメールを自動発信するのは失礼」とか休日会社関係者で集まったBBQにサンダルで行った時も「プライベートとはいえ上司の前でサンダルで現れるのは失礼」などとにかく様々な角度から失礼を創造する失礼クリエイターなので置いておくとして、とにかく言いたいのは俺はこの上司のジジイとワードの事が大嫌いなのでエクセルで何でもやってしまいたいという事である。

エクセルの好きなところは幾つかあるがやっぱりカラフルなところである。例えばセルを黄色にしてごらんなさい、何かと堅苦しくて華やかさもないオフィスワークが楽しい気持ちになります。ワードではそうはいかんでしょう。せいぜい太字にするか、最近ではようやく文字を赤にするなども出来るようになったとか聞きます。ワードはとても遅れている。そしてセルの色を何色に塗りたいですかという質問をジジイにすると秒で「黄色!」という元気なお返事が返ってくること間違いなしだが、セルに塗りたい色ナンバーワンは黄色。ジジイは黄色が大好き、ジジイもジジイが長くなると黄色い声援を浴びたことがないからかもしんないですね。色占いでは黄色を好む人は天才肌らしいが職場に天才が多いのは実に良いこと。

そんな天才肌の我々ジジイが行うセルの色付け行為でよくみられるのが範囲選択が面倒ゆえに列を無限指定して黄色にする行為である。

f:id:bokunonoumiso:20210220211611j:plain

自分の書いた表が分かりづらく目的の数字がどこにあるのか見失う為とりあえず目立たせておきたいそういうモノグサな動機が生んだ愚かな行為である。

f:id:bokunonoumiso:20210220211616j:plain

そしてそんな表、仕事中にふと自分が色付けしたセルのイエロー・ベルトがエクセルの地平線のずっと向こう側まで無限に続いていることには「宇宙だな」などふと不安な気持ちになるものである。宇宙の事を考えると自分たちは小さな存在、仕事をしても無駄というラディカルな気持ちになり業務効率が著しく下がるのでやめよう。

不安な気持ちと言えば、先日エクセルで作った表をパワーポイントに埋め込むというジジイの業務難易度でいうとSクラスの特殊ミッションを行ったときのこと、この作業は範囲指定の繊細さや貼り付け時にどのような書式でいくかといった判断力が求められる極めて難しいオペレーションなのだが、先日気合いでパワポに埋め込んだ渾身のエクセルをみていると突然そのセルを黄色に塗りたくなってよせばいいのにパワポ上でセルをダブルかトリプルぐらいクリックして編集してしまったのだが、その時になぜか埋め込まれたエクセルが突然痙攣を起こして10分ぐらいエクセルの震えが止まらなくなり大変驚いたものであった。今まで見たことのないエクセルの姿には百戦錬磨の俺も「大人の男の人を呼ばないと」とてんやわんやであれは非常に驚いたエクセルワンシーン。ともかくパワポにエクセルを埋め込むとファイルサイズが10MBとかになるしクリックのしどころが悪いと痙攣もするしで業務効率が著しく下がるのでやめよう。

基本的には全面的に好きだしビジネスのパートナーとしても関係が良好な俺とエクセルであるが、最後にエクセルの嫌いなところにも言及しておく必要がある。皆さんもご経験があられるかとは思うが手入力で頑張って入れた計算式を間違った時のエクセルのうろたえようというか、騒ぎよう、こちらの詰められ具合はどうでしょうか。俺はあれがめちゃくちゃ気に入らない。入力した計算式がちょっと違うだけでエクセルときたら「お?えええええ?!あ、何事ですぅぅ?何が起きたんですぅ?!えっ、えっとォ(汗)この計算式は???」みたいにめちゃくちゃ騒ぐじゃないですか。繰り返すけどあれが俺は本当に嫌い。嫌なところ見せられた気がして目をつぶるし耳も塞いでしまう。辛い気持ちになって業務効率が著しく下がるし計算式の誤入力はやめよう。