バスケットボール・ダイアリーズ

やらなくなって長いが、元々バスケットボールをやってきた。8年ぐらいだろうか。

Bリーグが開幕し、ようやくこれからというところだが、やはりバスケットボールというスポーツは率直にいって日本では今なおマイナーなスポーツである。

わが国の場合、メジャー・マイナーを分けるのは国際大会などでの成績、つまり「世界でも通用している」ことが重要視される気がする。その点では体格がモノを言うバスケットボールで日本が強豪となるには険しい道のりが待っているように思える。

加えて競技人口は結構多いのだが野球やサッカーと違ってゴールが無いと成立せず、従って草バスケットがその辺で発生しづらい。体育館を使って、きちんとした道具、格好でという距離感、ハードルの高さが野球やサッカーと異なり「プレイヤーだけが観るスポーツ」になりがちな一つの要因にも思える。

理由はともかく、バスケットボールはまだまだマイナーゆえ一般にはNBAのイメージが根強い。それかスラムダンク。試合中にはダンクと3Pシュート、後なんかトリッキーなドリブルとかノールックパスしかしてないと思っている人が割と多いのが実情である。

試合を観ていただければ分かるが、NBAを除くとあらゆる国際大会、または国内リーグの類はどれも地道で地味でひたすら痛くて激しいスポーツ。その中でダンクやノールックパスといった華やかな瞬間が待っているからこそ美しいと俺は思っているのだが、我々バスケットプレイヤーはそうした誤った認識や期待から「ダンクやって」とか「なんかすごい技」といった雑なリクエストを受けがちである。

プレイの認識がそれだから、例えばポジションといった話になると悲惨なもの。

野球なら「ピッチャー」とか「内野」「外野」で大体通じるし、サッカーも「フォワード」というか「ディフェンダー」とざっくり言えば日本では9割近くが理解するだろう。しかしバスケットはそうはいかない。全員攻撃、全員守備、微妙な役割の違いでポジションを決めるのと、常に動き回っているから傍目には誰が何やってるのかまあ分からないのである。

例えば下記の会話。これは大学在学中に実際に経験した、「バスケットやってるんですかー?!」から始まるある悲しいお話。ある時期には間違いなく全国で頻発していたであろう、悲劇をお伝えすることで今日は終わりとしたい。

 

女「バスケットやってるんですかー?!」
俺「あ、はい。」
女「ポジションとかってどこなんですかあー?」
俺「ええと、SFWとかFWあたりなんですけど...分からないですよね」
女「うーん...(笑)スラムダンクで言うとだれですかあー?」
俺「えッ...っと...」
女「あ、じゃあ!湘北高校だと誰ですかあー?」
俺「うーん?る、流川すかね...!?

女「...ふーん...」

 

「ふーん」と言いながらその女、頭の中で俺と流川の顔を比較していることぐらい容易に想像出来た。ポジション以外では、趣味が寝ることぐらいしか共通点がない俺と流川。「どあほう」といってやりたかった...。

全国で過去に「三井だよ...!」「仙道かな...?」といって同じ悲しい思いをしたバスケットプレイヤー達の為に、Bリーグには来年以降もぜひとも頑張ってもらいたいと思っている。

男35歳、ラジオに出ることになりました

f:id:bokunonoumiso:20170614190002j:image

https://twitter.com/zou_da_zou/status/874281928416935936

 

突然であるが本日9時半から金原みわさんのラジオに出る予定である。名目はハイエナズクラブの会長ですが35歳のリーマンです。よろしくお願いします。(写真は渾身の面白ポーズ)

出るといっても俺みたいなS級素人は何言い出すか分からないし放送事故のリスクがとってもすごいので余裕で事前収録なのは当たり前。万が一生放送でアウアウになってみなさい、俺の子供は放送事故遺児として悲しい一生を送るのである…。

ところで今回のラジオであるが、パーソナリティであるみわさんがそもそもハイエナズクラブのメンバーなのですから、言うなれば身内でもあるのではっきり言ってコネなのである。この手のコネを使ったのは中学生の時に友達のお父さんに地元のいかだ大会のバイトを斡旋してもらった時以来なのだから俺は基本的にフェアなことはわかって欲しい。大学まで塾に行かずに入学しましたし。

「俺今度ラジオ関西の辺りにいます。」などととっても大きな独り言をシャウトして掴んだ公共の電波。俺の夢である公共の電波。スノーボードとハワイを済ませた俺が最後に残していた夢、公共の電波!ンっ!電波は公共に限るっ!

 

f:id:bokunonoumiso:20170614183722j:image

取り乱しましたが続けます。

ラジオの収録っていえばみなさんご存知の例のあの部屋に入って2人で喋るわけなのだが、俺は今回初めて知ったのが収録中は常にヘッドフォンで自分と相手の声を聴きながら喋るのである。自分の声ですよ。

というわけで耳につけたヘッドフォンでこんにちわ〜、ボエ〜、ボエボエ〜〜、という自分のダミった声を聴きながら喋るという責め苦にまず狼狽。そもそも「ズッキーニです!」などと自分で言ってる自分の声を初めて聴いたその刹那、「きーー!セーーックス!セックス!」と恥ずかしい気持ちを紛らわす例のフレーズが飛び出そうになるというもの。野菜にするにしてもなんでレンコンとかにしなかったのかとこれまでにも何回も後悔したことが頭をよぎる。

まあとにかく皆さん、そういうわけで実力の10パーセントぐらいでハイエナズクラブについてご紹介しておりますのでどうぞ温かい気持ちで聴いてあげてください。

 

ご参考「ハイエナズクラブ」

http://hyenasclubs.org

 

たった一人で避難訓練をやったときの話です

前の会社にいたとき僅か一年程度だったが、新しく作られた出張所を一人で任されたことがあった。今日お話するのは新規開拓の使命を受け、小さな雑居ビルの中で一人孤独な新規開拓に勤しんでいた20代半ばのころの話だ。

いつものように誰もいない事務所に一人で出勤し、独り言をいいながらブラインドを上げたり観葉植物に水をあげたりしていたところに一本の電話がかかってくるところからこの話は始まる。電話は本社の総務からで内容は避難訓練のお知らせだった。

 《今週末避難訓練をやってもらうから。近日中に防災ヘルメットと、防災に関する書類が届くからそのつもりで。》

 「分かりました。」と言って受話器を置いたものの正直悩んだ。ここは俺一人なのである。本社の総務もそれはご存知のはずである。

避難訓練といったって、俺が一人でここから脱出するのだろうか。そうだとしたらなんたる茶番。いや、まて当日になるとさすがにその為のメンバーとして本社から何人か助っ人としてやって来てくれるんだろう、それで盛大にぱーっと避難するんだろう、きっとそうだろう。

 

「・・・・。」

しかし当日出勤してきたのはやはり俺だけだった。

いつものように一人でブラインドを上げ、無言で丁寧に観葉植物に水を与える。二日前に届いた「防災セット」と書かれた段ボールを開けると、中から「防災ヘルメット」という名の黄色い工事現場向けヘルメットがなぜか4つ出て来た。

そういえばこの出張所、元々の計画では四人でがんばるはずだったのだがなぜかずっと俺一人なのである。その計画は全く進まず、かれこれ1年近く俺は一人で頑張っているのである。

そんなことを思いつつ、送られてきたヘルメットをまじまじと眺めると、正面にはとって着けたように無理矢理テプラで「防災」と書かれている。情けなくて泣けてくる。

それを丁寧に一つずつ段ボールから取り出すととりあえずテーブルの上に並べてみる。ひとりしか居ない事務所に4つのヘルメットが寂しく並ぶ。今は亡き戦友を偲んでいるようで無性に悲しい。

この避難訓練、俺以外どこからも誰も来ないが一体どうすれば良いのやらと困り果て、同じ段ボールに入っていたISOに準じたとされる小難しい書類を眺めているとタイミングを見計らったように固定電話が鳴った。

 

《すまんけど、避難訓練は一人でやってくれな。訓練をやる上での確認事項を書いた書類が届いてるはずだからそれを見て、やった内容は後日報告書を書いてくれればそれでいいので。》

 

「・・・・。」

言葉が出なかった。何が悲しくて一人で避難訓練を。

しかしそうと決まればのんびりしてもいられず、取りあえず一人で黄色いヘルメットを装着。便所の鏡でヘルメットを装着した自分を見るとあまりの情けなさにくすくす笑った。

とはいえ、しょうがないので送られてきた書類に従い、ヘルメットを被ったまま手際良く避難経路や緊急脱出口の確認、防災器具類のチェック他を「避難経路ヨシッ」と一応小声で唱えながら、厳粛な面持ちでこなす。

事務所内をヘルメットを被ってウロウロし、「窓ヨシッ」と言いながら振り返り窓を見ると、実は今までずっと窓に設置したブラインドが全開であったことに気付き、「うわあ」と慌ててこれを下ろす。窓は全然よくなかった。

窓の外にはマンションやビルが建っており、特に向かいのビルからこちらの様子は丸見え。いつもと違いこの日は一人避難訓練の日、黄色いヘルメット被ったスーツ姿の男性なんて、こんなもの見られたら「過激派です!過激派が何かの準備中です!」と一発で通報ものだ。

そんなこんなで手順に従い粛々と進められた俺の避難訓練もここからクライマックス、「頑張って出口を見つけましょう!」的な書類の指示に従いヘルメットを被ったまま「出口ヨシッ!」と、ついに事務所から脱出である。そこは避難訓練ということで一応ルール通りエレベーターを使わずにコソコソと、しかし一気に屋外の階段を駆け下りる。この辺の真面目さは誰かに見てもらいたいところなのだが残念、一人っきりの避難訓練である。

とにかくクライマックスとあって、この格好で他の人に会わないかとスゲーどきどきした。スーツ姿でコソコソ逃げ回るその姿。火なのか人の目なのか、この頃自分が一体何から逃れているのか分からなくなっていた。

 

「そ、外ヨシッ・・・!」


無事外に出て、物陰から外が良いことを確認するとそこで避難訓練終了である。

「ふうっ」と妙な達成感の中で「防災」と書かれたヘルメットを外し、雑居ビルの三階にある事務所に戻るとタイミングを見計らったように再び電話が鳴る。再び本社総務である。

 《避難訓練だけど、やっぱり後日ちゃんと人を揃えてやろう。ちゃんとやってないとISOの監査で何言われるか分からないし。》

あまりのショックに無言でその声を聞いていると、電話の向こうのおっさんがこう言った。

《どうせちゃんとやってないだろ。》

  

アメリカに行きます

タイトルの通りなのですが、俺はこの夏アメリカへ行くことになってしまった。アメリカっていうのはお察しの通りのあのアメリカでして、飲み屋で酔っ払った勢いで突然反米になったジジイの演説ぐらいでしか日ごろ我々の生活で話題にならないあのアメリカです。

「行く」とは申しましてもそこいらの女子大生のカナダ語学留学とは違い、マジで行く、行き倒す、いわゆる完行き、平たく言うと駐在というやつなので、つまり俺の30代 in Japanは今年で終了するのかもしれないのです。皆さんさようなら...。

行き先は寒いところだそうです。ビーチ・オン・ラジカセ with カー&セックスとは到底いかないような、とても寒く、白い粉と黒い武器が跋扈するとても危険な街だそうです。(大田胃酸と備長炭のことだといいのですが...。)

俺は高野豆腐並に周りの色とか味にスグ染まっちゃうタイプなので、このブログはある日を境にいきなりアメリカ最高情報大発信ブログになり、半年もすれば日本人の電車通勤とか飲み会とか選挙カーってうるさいよねみたいな、ジャパニーズライフスタイルを国際的な視点でdisるグローバル・アメリカかぶれ野郎になると思うのでどうか覚悟の上、これからもよろしくお願いしたいわけです。

なお、今年渡米したピースの綾部クンのことは"同期"と呼ばせて貰い、ミスター・トランプのことは"Boss"と呼びます。なお、忌まわしいあの事件を風化させないために島田紳助元司会者のことは父ちゃんと呼びます。特に綾部クンとは同じアメリカの価値観を共有するダチ公として一緒に高めあいながらも日本人のライフスタイルを上から目線でdisるアメリカかぶれ野郎として頑張っていきたいと思います。

あるときからタイトルがMy Brainになったりするかもしれません。これからもよろしくたのんます。

 

トトロが立つ

長い会議、既に気が緩みぼんやりと参加しているだけの俺の頭にふと、「トトロが立つ」というフレーズが浮かぶ。

「トトロが立つ...?」

だけどこれがまた、何かどこかで聞いたことがあるようだけども全くその意味が分からず。
トトロが立つ、トトロが立った、あれえ、これなんだっけ、ええと...などとしばらくの間会議そっちのけで何度も繰り返してみてるがなおも分からず、長い会議も終わる頃、それが「クララが立った」の間違いであると気付くまでずっと俺はひとり悩んでいた。

それを思い出すまでの間ずっと、となりのトトロのストーリーを振り返るなど、大変有意義な時間を過ごしたつもりである。