海を渡った瞳リョウ

大学生のとき1年間だけ寮生活していたのだが、そこへスリランカから日本へ短期留学でやってきた若者を2、3日受け入れたことがあった。全員男で年齢は20前後だっただろうか。何かの用事で来日した彼らに寮の空いた部屋を貸してあげるという、まあその程度の事だったと思う。

一応寮の食堂を使っての交流会などして、では本日も世界は平和でしたねNo Warですねシャンシャン、おやすみなさい、と各自部屋に散って、、、行くはずもなく、どうやって始まったか覚えていないがその後同じ若者同士、ひとつの部屋に集って夜のお楽しみとばかりに年頃の男同士のアン・オフィシャルな話をする事になったわけである。

彼らが一体何者なのかはただ宿を貸しただけの我々もよく分かっていなかったが後に聞くと彼らはスリランカでも有数の大学や大学院に通う優秀な学生らしくそこそこの日本語が出来た為、会話は問題なく成立していたのを記憶している。

最初はお互いの文化の違いについて当たり障りのない程度で意見を交わすが、そんな堅苦しいやり取りも、若者らしい下らない話になればイヤでも盛り上がる。学校の話、スポーツや音楽など文化の話、そしてやはり「下ネタ」の安定性は万国共通だ。

好きな女の話から男女交際のアレコレに話が及ぶとそれまではどこか他人行儀な部分があった両者は完全にくだけた雰囲気に。話は大いに盛り上がり異文化交流の楽しさを初めて実感した次第。

ただし、そんなくだけた雰囲気の中でも一度だけピリっとした瞬間があったのが忘れられない。それは、彼らの中の一人が腰に巻いていた布(名前を失念したが)が欲しい、何かと交換してくれと我々寮生のうち一人がしつこく言ったときのこと。どうしてもダメかと食い下がるとスリランカ人の彼は言った。

「これは命の次に大事なもの。他の人に渡せるものではない。」

言葉の問題で若干ストレートになってしまったかもしれないし、また言いたいことの半分も伝え切れなかったかもしれないが、おそらく民族の誇りとかそういう事も伝えたかったのかもしれない。一応笑顔交じりに言っていたが、表情からはそういう厳しいものが感じ取れた。幸いそれ以上の話にはならなかったが、やはりこういう話題には繊細になるべきだと思い知った我々。

その後何事もなかったように続く会話が本格的に下ネタに支配されたとき、ついに「オウ、こいつらに日本のエロ本見せたるか」というジャパニーズ・スケベ・セッタイのファンファーレが鳴り響いたのであった。

聞けば、スリランカではエロ本を売る事は禁止されているらしく、勿論実際には買う人は多く、然るべきルートでコッソリ買えるらしいのだが、彼らに関して言えば「ほとんど見たことがない」と恥ずかしそうに言う。

「おうおうおうおう、そいつァ見せ甲斐があるってもんやデェ!」

そう意気込んで我々寮生のうちの一人が持って来たのは忘れもしない「ちんカメ」という、いわゆる「オシャレエロ」のハシリとも言えるヌード写真集である。

被写体はAV女優多かったがファッショナブルでポップ方向に寄った見せ方が新しく、なんといいますか、まあ、画期的な一作ですね...。説明がクドいとキショクワルいのでこの辺でやめておくが、とにかく俺は≪ちょっとコレは早すぎるかしら・・・≫と思いつつも、それを「これが侍JAPAN、日本代表や!」とばかりに彼らの前に叩きつけたのであった。

スッと手を伸ばすスリランカのフレンズ。しばらく「ちんカメ」を取り囲み食い入るように眺めている。しばらくすると、オイと呼んでもアッチの世界に行ったように反応は悪くなり、ニヤけ顔のままでこちらの呼びかけを無視するのである。

正直予想はしていたが、しばらくしたのちスリランカ人の一人が神妙な面持ちで「これをくれ」などと言い出す。こ、、言葉の問題で若干ストレートになってしまったかもしれないし、また言いたいことの半分も言ってないのかもしれないが...ちょっと唐突すぎやしませんか!

「ち、ちんカメだって命の次に大事なもの。他の人に渡せるものではない...!」

当然これを拒否することになったのだが、いやあもうその時の欲しがり方のハンパなさときたら、あまりにしつこいので俺も厳粛な表情でもって「日本人とオナニー文化」などをきちんと伝えようと試みた次第だが、めちゃくちゃ説得力がなさ過ぎるし、なかなかどうして先方もよっぽど欲しかったのか渋れば渋るほどに彼らのしつこさは増す一方。ついに感極まったスリランカ人の一人が「仕方ないか...」の表情でこう言った。

「先ほど欲しがっていたこの腰布をあげよう。」

命の次に大事なモンくれるんかい!!!という感じでかなり狼狽したが、流石に命の次に大事なものをこんなブックオフで買った500円のエロ本と交換で貰うのは憚られたので「ちんカメ」はもう海外に娘を嫁に出す親の気持ちでタダで譲ってあげた次第である。

海を渡った「ちんカメ」には、かつての名女優「瞳リョウ」や「桜井風花」が載っていた。彼女たちは今もスリランカのどこかで活躍しているのだろうか。

ままごとにおける「バブちゃん」という存在

子供の頃、家族ごっこともいうべきか、自然発生的に始まるいわゆる「ままごと」のような遊び、大体の人が経験したことはあるだろう。
夫婦だけの場合、またはそこに子供が数人いる家族の場合など、設定はそのときの人数によって様々。
集まって与えられた家族の役割を思い思いに演じるという以外特に明確なルールもなく、じわ~っと始まったかと思うとなし崩し的に終了する、そういうなんとなく不安定な遊びだった。

やっていたのは幼稚園の頃までだっただろうと思うが、忘れもしないのが「バブちゃん」というキャストの存在だ。ローカルルールがあり呼び名は違うかもしれないが、バブちゃんとはつまり赤ちゃんのこと。お父さん、お母さん役に大切に育てられ、ワガママも許される「バブちゃん」は、この遊びにおいて非常に人気が高かったように記憶している。

バブちゃんになると、「バブバブ」だけを言っておればよいため非常に楽であったし、「バブバブ」などとわめきながら、お母さんが作っているエア料理への破壊行為に及んだとしても「バブちゃん、だめよ~」だけで済ませられる。
また「バブバブ」と言いながらどこかへ雲隠れなどしようものなら「バブちゃーん」と皆総出で探しに来てくれるなど、この遊びを最も楽しめる利権の宝庫だったのである。

すると当然、このバブちゃん利権に群がる輩は多くなり、元々なんとなく自然な流れで各々の役回りを決めていたハズのこの遊びにおいて、徐々に「わたしバブちゃんやる」「ぼくもバブちゃん!」などとバブちゃんへ立候補をするものが重なるケースが増え始め、様々な対策が採られるようになっていった。

まず一つ目が「バブちゃん任期制」である。
つまりこれはバブちゃんの長期政権化による汚職と腐敗と言ったもろもろの問題を解決するとともに、それ以外の役割固定によるマンネリの脱却も目指していた。
これによりさっきまで「コラ!バブちゃんダメよ〜」など威厳を保っていたお父さんが突然「バブー」と言い出す滑稽さもあり、子供ながらに気恥ずかしさがあったように記憶している。

続いてもう一つ、これは究極の対策だったのだが、「誰でもバブちゃんになれる制度」の登場である。
長らくお父さん、お母さん、お兄ちゃん(お姉ちゃん)、バブちゃん、それぞれは「各一名」という不文律が守られてきたのだが、こうした伝統的な家族のあり方はとうとう終焉を向かえ、時代は非常にフレキシブルな一国ニバブ制度へ突入。遅すぎた雪解け、待望の自由主義到来であった。

しかしこの行き過ぎた自由化の弊害は大きく、各々の要求をすべてかなえていった結果「一家全員バブちゃん」という事態も多発。
全員で「バブバブ」言ってどこかへ消えていくだけという文明の大きな退化が見られるようになると、ついにバブちゃん自身が他のバブちゃんに「だめよ」などと言語を操るようになり、老老介護ならぬ幼幼保育がスタートするに至った。

このいびつな社会構造に対し、色んな辻褄を合わせようとした結果なのか、ついに「お母さんバブちゃん」というハイブリッドキャラが登場するようになったとき「そもそもバブちゃんとは何か」というテーマが各人の頭をもたげたようで、≪こういうのはやめよう≫という具合に自然と元のあるべき家族構成に戻ったのであった。


まだ小さかった頃の話である。

参加するぞ!のお知らせ

お知らせなどのときだけ「です」「ます」調、主語が「僕」になるのは極力腰を低く見せたいからです。お知らせは2点あります。

 

1.デイリーポータルZ主催の第二回ウェブメディアびっくりセールに参加します

 

僕が”会長”になっているハイエナズクラブという情報サイトのみんなで作った新しい同人誌を出します。

漫画とテキストで構成されてますが、今回はテキストがやや多めかな。僕も結構長いテキストで参加しております。入場無料なので宜しければ立ち読みでもして面白ければ買ってみてください。20代の頃主催したオフ会の話です。

(当日僕は居ませんが...)

 

portal.nifty.com

 

ハイエナズクラブにも最近参加出来てませんがコチラも宜しくお願いします。

 

hyenasclubs.org

 

 

2.オモコロ「文字そば」で書くことになりました

 

大体1000文字のテキストだけで作る、このご時勢にめちゃくちゃ硬派なコンテンツ「文字そば」の入れてもらう事になりました。

過去にはフォントイジりから始まり、今ではイラストや写真やgif動画と、単純なテキストへの味付けの方法は色々と開発されていく中、それに逆行してシンプルなテキストだけで勝負するのって、昔は普通だったのにいつの間にか結構勇気が居ることになってしまいましたね。

 

omocoro.jp

 

Web上で割と日ごろから「どうすればキミの記事は面白くなるか!論」が色々提唱されているけど僕は「文章がおもしろければゴミ拾っただけでも面白くなる」と思っているネット化石なので、こういうのを個人ブログでないオモコロがやるのはとてもいいことだと思います。

などと、そんな偉そうなことを書いてしまったので月に1回の連載周期でスベらないように頑張りたいと思います...。

 

お知らせでした。

ボウズにしたら許されるのか

前働いていた会社にて、社用車をガードレールにぶつけて大破させた同僚が反省の意味を込めて翌週ボウズになって現れた。
完全なる本人の過失ではなかった部分はあるもののその潔さに社内ではなにやら「アイツやるじゃないか」という妙なあっぱれムード。彼はある種のミスを用いてむしろ好印象に転じさせることに成功したようであった。
壁際でボウズにしたその彼を囲む小さな、とても小さな人の輪を、そっと眺めていたのが俺である。

《おいおいボウズにしたぐらいで一体どうしたってんだい!》

そう言いたい気持ちもあったが全員幸せそうなのでそっとしておいた。
それから間をおかずに、今度は係長が顧客の与信管理を怠ったことによりちょっとした損を出してしまう事案が発生。先日の同僚のボウズに倣ったのか、なんとまあ彼もまた続けてボウズとなってあわられた。
おいおい、なんだなんだ、アンタら一体どうしたんだい!これはどこかで歯止めを利かせないと「ミス→ボウズ」の変な慣例が誕生してしまい、そうなると大変やっかいな状況であるように思われた。

そんな中一人の男がこの未曾有のボウズブームに待ったをかけるべく朝礼で一言物申した。
俺が常日頃、かげで「トンボ」と呼び、とぼけた性格や拠点のトップとは思えないと指導力、部下への面倒見の悪さなどから何かとケーベツしていた支店の長、その人である。
トンボたるゆえん、それはルックスが昆虫のトンボに似ていたことが4割、あとの6割は一日中ボケーっとし、時折窓の外を眺めてはトンボのように空を飛びたそうにしているそのつぶらな瞳である。つまりそうすると、トンボたるゆえんはほぼルックスなのである。

あの日の彼はトンボが自由に空を飛ぶときの効果音のように「スーッ」と息を吸うという、彼が言葉を発する前にはお決まりの無駄な深呼吸をなんと5度も繰り返すと、待ちくたびれてイライラする一同を前にこうのたもうた。

 

「えーー、スーーッ、ミスをしてボウズにした人がこのところ二人いますが…僕はーー、スーーッ、それについてはこう思うんです…じゃあ、最初からボウズの人は悪いことをしてもいいのか?と。」

 

言ってることはよく分からないけど彼を見直した朝であった。

アメリカで初散髪も、角刈りに終わる

QBハウス名鉄名古屋駅店で「極力切らないでください」という一休さんのとんちのようなオーダーをしてから2ヶ月半髪を切ることなく生活していたため、完全にフィギュアスケートプルシェンコの髪型になってしまった俺はとうとう意を決してアメリカ初の散髪に行くことを決意。

数日前、満を辞して片言の英語で予約をし、そして迎えた予約日の朝。タイトルにもあるように既に結論はお分かりのとおり「角刈り」であるが、そんな運命も知らずに会社から支給されたSUVに乗り人生初購入のサングラスをイナセにかけて向かうのは韓国人が経営する理髪店である。

人生初のアメリカの散発であるから、俺とて無策で飛び込んだわけではない。韓国人理髪店を予約したのは「アジア人の髪を切りなれている」ためであり、片言の英語では心もとないためちゃんと用意したのがこのヘアサンプルである。

 

f:id:bokunonoumiso:20170926113449p:image 

 

そもそもこの男性と俺の間に存在する数多の相違点には目をつぶり、キサマはこんなさわやかな笑顔もこんなはだけたシャツの着方もしたことないのにまったく身の程知らずにも程があるってもんだと今ならとってもよくわかる。彼と俺の間に存在する共通点「大人メンズ」ということの他は一切ないのであるから。

して、スマホに表示したこの写真をギュッと片手に握り締め、韓国人理髪店に向かう日本人男性を待つ運命はご存知のとおり「角刈り」なのであるが、そうとも知らずに店に入り、この写真を見せていわく

「Please cut like this...」

今自分の頭を撫でながら「cut」の発音が悪くて「カク」と聞こえたのかもしれないなヘッヘッヘなどと発音面の反省はあるものの、理髪店のオーナーである韓国人のおばちゃんはそもそも「ふふッ」と笑うも写真を3秒ほどチラ見するだけで俺の頭をバリカンで刈り始めたことから、最初から俺を角刈りにしようと決めていた可能性も大である。もっと彼を見てあげてッ...という心の声も空しく、彼は俺の散髪に付き添いにきた友人のようにただ黙って鏡の横で俺を見つめる。どこの誰だか知らないけれど、アンタがいてくれて俺は心強かったよ...。

それにしても髪を切るのにこんなに緊張したのは久しぶりである。もともと理髪店というものに苦手意識が強い俺だが、言葉の壁というハードルが加わることにより挙動の不審さがUPしてしまい、結果このような俺のマインドが本当は存在しなかったかもしれない角刈りを引き寄せてしまったのかもしれない。

 

 「ベ、ベリグ」

「どうか」と聞かれて俺はこう答えるしか術がなかった。気に入らない、きりなおし!となった場合丸坊主しか残っていないからである。

最後にモミアゲをどうするかと問われたとき韓国人の理髪店だけにモミアゲを朝鮮半島のようにしてもらおうかと思ったが緊迫する半島情勢に配慮して「Keep natural」とカタコトで返した俺であった。

 

 

【関連記事】

bokunonoumiso.hatenablog.com