読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワンワンといっしょ!夢のキャラクター大集合へ参戦してきた

日記

f:id:bokunonoumiso:20170204220940j:plain

 

2月4日に名古屋市日本ガイシホールで行われた「ワンワンといっしょ!夢のキャラクター大集合」に参戦してきたので報告します。(こういうときだけですます調になります)

このイベントは「撮影禁止」のため写真はこの入場口の一枚が唯一。あとは何も写真がない。ここから先、まさかの文字だけで報告することはご容赦ください。

※多少のネタバレ要素があります。あと、Eテレ観てない人には終始全くなんのこっちゃ分からない内容かと思います。

 

 

www.sukusuku.com

 

わずか1時間の公演時間、当初は「みじけーじゃねえか!チケット代結構高いのに!」と思っていたのだけど、結論から言うと大満足でした。というか、子供向けのイベントは何が何でも1時間で終わらないと集中力が続かないですよね。

それもあって、まさに息もつかせぬという詰め込みっぷりで終始興奮しながら過ごし、あっという間に終了した1時間という感じでした。

 

そもそも、このような大きな場所でのコンサート、ライブの類の経験が殆どなく、遡ると2008年の東京ドームで年老いたビリー・ジョエルを見たとき以来。(ビリー・ジョエルがMCで英語の冗談を言っても誰も分からずに静まり返っていたのが良い思い出です。)

それからすると実に約9年間、俺はこの手の大きなイベントホールに来ていないのだという事実に衝撃を受けながらも、久しぶりにこういうところにくると単純に「デカい」「広い」ということだけで気持ちも高ぶるというものです。

 

さて「夢のキャラクター大集合」といいつつも、実際には登場キャラクターは限られており、タイトルどおり「ワンワンといっしょ」がメインになるイベントなのですが、俺はというと朝の出勤前には毎朝Eテレを見ているけれども知っているキャラウターは限られていて、それでもまあ子供が楽しめれば俺はいいやの姿勢で挑んだわけだけど、まあ、興奮してしまったワイ...

冒頭、明らかにりゅうちぇるを意識したようなカツラとメイクの進行のお兄さんが前説的な感じで現れた時点で、興奮により既に判断力が普段の1/10以下に低下していた俺は、これを粋なサプライズと勘違いして「お!りゅうちぇるだ!!!おいぃ、りゅうちぇるだー!」などと普段民放を観てないからりゅうちぇるが何者かロクに知らないくせに感覚でもって彼の名前を叫んで恥をかきました。

それでもショーが始まるや、名前もしらない太ったキャラがミュージックに合わせて器用に踊る様、また初めて見た名も知らないお兄さんのアクロバティックな動きにはこのクソジジイも一人の客として、単純にショーとして魅了されており、「すげえ...」と独り言を述べたりなどしておりましたが、もとがそんな感受性がガバガバな状態だから、知ってるキャラクターが出てきたときはもう大興奮なわけですね。

 

毎朝出勤前に観ている「みいつけた!」がとりわけ気に入っているのだけど、そのキャストであるオフロスキー、コッシー、サボさんが出てきたときにはもう無意識に「サボさーーん!」「サボさーーーーーん!」などと無我夢中で手を振っておりました。

 

www.nhk.or.jp

 

あとはかねてからどうなっているか疑問であったコッシーの動力問題についても、今回生でまじまじと観察することで「あれはラジコンである」という事に確信が持てたことは大変収穫で、小回りが利かないのか、ステージ上でオフロスキーさんから何度も手で軌道修正をされている様はなかなかテレビでは観られるものでもなくとても良いものをみた気がします。どうもなんか段差に弱くて、段差にあたったコッシーは小刻みに震えていました。

帰る途中、あちこちで子供らが口々に「スイちゃんが観たかった」とこの「みいつけた」に出てくる女の子スイちゃん不在を嘆いていましたが、俺はそれよりもオフロスキーが最近「体の点検隊」の個人レッスンで頻繁に直接指導している「タケル」くんを生で観たかった。彼はキレがすごい。(マニアックな話ですいません)

 

とはいっても今回一番よかったのはおねんどお姉さんを生で見られたことです。

 

ameblo.jp

 

俺たちのおねんどお姉さんが今目の前に!という気持ちだったけど、妻子にはこの高ぶりを悟られぬよう「ほら、なんか、お姉さんが出てきたよ。」などと平静を装ったものですが、本当はお姉さんと一緒に「いよッ!こねこねーーー!こねこねーーー!」と叫びたかったし、なんなら興奮したお父さんたちだけで会場にウェーブなども起こしたかったッ...!

 

俺は二階席だったのだけど、場所に左右されない色んな仕掛けや客席近くまでキャラクターがやってくる演出もあり、次から次へ色んなところから色んなキャラクターが登場する様をみて「年末にやってるジャニーズカウントダウンって、こういうことだよな」と思うと、そこまでよく知らないキャラが大半のこのイベントですら大歓喜しているジジがここにいるのに、ジャニーズのファンの方なんてのはジャニーズカウントダウンを、アレを生で観たらもう失神するんじゃないすかねマジで。

それまではアイドルのライブなんか観てて、曲も聴かずにキャーキャーずっと言ってるヤツってバカじゃねえのなんて思っていたが、その日は俺だって「コッシーー!!!」「コッシーー!!!!」「コッッッッシーーーー!!!!」って野太い声で叫んでいたのですから、キャーキャー言ってる人たちのことを俺はもうこれからは何も言いません。