読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺はからしを集めてる

f:id:bokunonoumiso:20170318010023j:plain

 

「からしでもあつめるか」

 

確かきっかけはそんな些細な思い付きだったように思う。集めれば何かが起きる、集めてみてわかることがある。

それから俺は4つのからしを集めた。長野駅の中で食べた信州おでんについてきた和がらし、妻が買ってきた納豆の中に入っていたからし、東京のミニストップでもらったからし、4つ目のからしはもうどこで手に入れたか忘れたが、とにかく俺はからしを集めようとしたのである。

 

ある時子供に集めているからしが見つかった。

「おとうさん何でからしをあつめてるの」

ストレートに聞かれてしまったが答えようがなく、バツが悪くて「あっちへ、いけ!」と追い払ってしまった。走って去っていく息子の背中を眺めながらだめな親だと反省した。

ある時妻に言われた。

「『子供がおとうさんがからしを集めているのはなぜか』と聞いてきたけど答えようがなかった」

真顔でそんなことを言われてとてもつらかった。息子は俺がからしを集めていることを依然気にしていたようだが、同時に俺に聞かず母親に聞くことはなかろうにと思った。正々堂々俺に聞けと。あつめているからしごときで、4歳の息子に気をつかわれているのが情けなかった。

 

最近息子が食い終わったゼリーの容器を集めていることを知った。16個も集めているそうだ。今後は食い終わったヨーグルトの容器を集めるのだと母親に言っていると聞いた。

「お前は食い終わったゼリーの容器を集めているそうだな」

そういうと息子は無言でそれを持ってきて俺に見せたので、頭をなでて「お前はこれからもゼリーの容器を集めなさい」「おとうさんが応援するから」

そういうと息子、ゼリーの容器を集めることを認められた嬉しさで突如としてゼリーの容器をテーブル一杯に並べ始めたので「あーあーあーもう!おとうさんがご飯食べてるときは、しないで!」と言うとそれをもって去っていった。

だめな親だと思った。

俺はもっとからしを集めようと思う。