読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺はモノの価値を全てノリ弁に換算してしまう

モノの値段、特に食べ物の値段をついノリ弁に換算してしまうクセがある。

ノリ弁は大体一個380円~450円。これ一つで男子が一日に必要な揚げ物が一発で摂取できるという満腹、満足への王道。コストパフォーマンスという言葉が出たとき、俺の頭の中にはまっさきに腕を組んで「Hi」とこちらにウインクするノリ弁の顔が思い浮かぶ。

例えば居酒屋のつまみ。それはどうやら手の込んだ創作料理らしいのだが、つまるところたった一個の豆腐に何か特殊なあんが掛かっているだけでお値段500円だったとしよう。するとすぐさま脳裏にライジングしてくるのが「ノリ弁が買えるわ・・」のノリ弁換算。そう、ノリ弁が買えるのである。

ファーストフードでも同じ。バーガー二個にドリンクやポテトで、結局何やかんやで700円以上掛かったで~というとき、ハッとして振り返るとそこには腕を組んで現れたノリ弁の姿。軽蔑のまなざしで「俺なら二個だ」と言って去ってゆく。そう、ノリ弁が買えるのである。

この前名古屋へ言った。俺の家から名古屋まで大体片道500円ぐらいである。もうここから先は皆まで言うまい。ノリ弁が買えるのである。

「ハア、つまらなかったな」と、観終わった後に悔やむ映画。そんな映画代の1800円も、気づくと「ノリ弁5個かあ・・・」と考えている自分。ノリ弁が5個も食えた別の自分!ノリ弁パラレルワールドが常に俺を苦しめる。

中村ノリという文字を見たときにノリ弁が食いたいと思う気持ち。すいません、それはただの病気です。それでも生きてさえいれば俺たちはノリ弁が買えるのである。


いっそのこと通貨の単位が1ノリ弁になればと思う日々である。

今日はこの辺でさようなら。