読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コンビニでの会計がなんか苦手である

雑記

f:id:bokunonoumiso:20160803223420j:plain

コンビニのレジ前にある揚げ物のコーナーを見に行こうとすると店員はレジに会計しに来たものと見なし、チラチラと見てきては「どうぞ~」などと会計を促すのが堪えられず、俺は今までコンビニの揚げ物を満足のいくところまでじっくりと選べた事がない。

結果としていつも伏目がちに「つくね串ください...」と、つくね串を頼むハメになるのであるが、本当は各店ご自慢のこだわりの揚げ物をもっと丁寧に品定めしてみたいのである。

生まれつきプレッシャーに弱いというか、他人様の「ペース」を感じると、まるで強い磁力に引っ張られるかの様に途端にそれに合わせて自分を殺してしまうメンタルが備わっているので、コンビニ店員が会計をしたがっている事を察知すると当然のように自分のワガママなど後回しにしてしまいどうしてかつくね串を頼んでしまい早々に会計を終わらそうとするのである。

 

最近ではキューピーコーワゴールドの過剰摂取により徐々に幻覚を見るようになった俺なので、コンビニ店員の「温かいものと冷たいもの、袋お分けしましょうか」は「いえ、一緒でいいです」のアンサーをワンセットとしたある種の掛け合い、茶番である様に思え、妥協して購入したつくね串は結局ピノなどと一緒の袋にぶち込まれてしまい大層心をいためている。

より最近ではオロナインH軟膏のO/Dにより世間の全てが敵に見える幻覚が見え始めた俺ですから、コンビニ店員の「こちらは袋に入れますか」も「入れるわけねえよなあ?ECOだよなあ?」という反語の様な状態になっていて、妥協して買ったつくね串も手に持って家にかえったりなどして、とうとうまともな生活が出来ない。

 

このようにコンビニで受ける様々な心労から俺はコンビニでの買い物がもうずいぶん前から割と苦手な作業のひとつになってきているのであるが、それでも時折見られる強面のジジイの、他の誰にもクン付けしなさそうなジジイの、あのぶっきらぼうな「からあげクンひとつ...」という屈辱のクン付けオーダーを見ることだけが唯一の楽しみで今日もコンビニにに行くのである。

 

 

 

※前から同じ内容で記事を書いていた様だ

コンビニのレジ横にあるダンゴについて | ・x・ぼくののうみそ

コンビニ店員と上手くいってない | ・x・ぼくののうみそ